CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

KOTOBAYA ブログ

<< 「下りる」「降りる」どっちでもいいか? | main | 「固い」か「硬い」か「堅い」かなんて、かたいこと言わずに〜 >>
「恐い」と「怖い」は使い分けるべきなの?
0


    「コワイ」というと、「恐い」と「怖い」の2種類の表記を見かけますが、これってどう違うんでしょうか。

    ・コワイ顔をしたおじさん
    ・試験の結果を見るのがコワイ

    たいていの人が、上は「恐い」、下は「怖い」を当てはめるのではないでしょうか。

    ・恐い顔をしたおじさん
    ・試験の結果を見るのが怖い

    「恐い」は外見的に恐怖感や威圧感を与えるような場合に使われるようです。仁王像のように誰が見ても恐い場合です。ただ、あくまで見てくれが恐ろしいだけであって、恐い顔のおじさんが、実は優しいことだってありますよね。

    一方で、「怖い」は自分の内面的な感情としてよく使われます。試験の結果を見るのが自分は怖いけれども、楽しみな人もいるでしょうね。また、幸せすぎて怖いなんていうこともあり得ます。お化けは、外見が恐ろしくなくても怖いものですよね。

    しかーし

    実は、「恐い」というのは常用漢字表のどこを見ても見当たりません。「怖い(コワイ)」はありますが「恐い(コワイ)」とは読ませていないのです。「恐怖」は「恐」と「怖」の熟語ですが、「コワイ」と思ったら、それは「怖い」と書くか、「こわい」と平仮名にしておいたほうがいいようです。どうしても「恐」を使いたければ「恐ろしい」にするとかね。

    ただ、常用漢字は一応の目安であって、私的に書くものに表外音訓を使う分にはなんら問題はありません。近代文学作品なんて当て字のオンパレードですが、その字を使わないと表せないようなニュアンスというものがありますよね。「恐い鬼の面」と「怖い鬼の面」では、伝わるものが明らかに違うのではないでしょうか。

    それに、「恐い」と「怖い」の使い分けはどうも一般的に定着してきてしまっているようなので、むしろ常用漢字のほうを見直して、「恐い」を「こわい」と読むのを認めればいいのになと思ったりしています。ワープロソフトで変換すると、普通に「コワイ」で「恐い」と「怖い」が出てくるのですから、当然そうなりますよね。


    ところで、福島弁では、疲れたことを「こわい」と言います。「急いで来たから、ああ、こわい、こわい」などと使います。もう高齢者の方しか言わなくなってしまいましたが、どうして疲れたが「こわい」なのかなと不思議です。もしかしたら心臓がばくばくする感じが「恐怖」と似ているからかもなのしれませんね。

     
    | - | 04:30 | - | - | - | - |